内側から対策

生活習慣を整えるには

質の良い睡眠をとりホルモンバランスを整える

ニキビは皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖してできてしまいます。皮脂の過剰分泌は肌の乾燥によっても起こりますが、ホルモンバランスの乱れによるところもあります。ホルモンバランスを整えるには、生活習慣を正しホルモンバランスを整えることが大事です。中でも重要なのが質の良い睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌を活発にし、肌のターンオーバーを正常化してニキビのできにくい肌作りが行えます。健康的な肌は皮脂の過剰分泌もなく、自然とニキビのない美肌へと近づくことができます。 お肌のゴールデンタイムである午後10時から午前2時の間に熟睡するよう心掛け、肌の修復作業がきちんと行える環境を整えましょう。

食生活を見直し新陳代謝を高める

ニキビ対策は洗顔や保湿で外からケアすることも大事ですが、体の中から行うことも重要です。食生活においては、新陳代謝を活発にする働きのある栄養素を積極的に摂取するのがおすすめです。特に、皮脂の分泌を正常に保つ働きのあるビタミンB2やビタミンB6は欠かせない栄養素といえるでしょう。ビタミンB2は緑黄色野菜やのり、納豆、ビタミンB6は卵黄や牛乳、キャベツなどに含まれます。 また、油ものは皮脂の分泌を活発にするので、揚げ物やスナック菓子などは極力避けるのが無難です。せっかくビタミンを摂取しても、糖分や炭水化物を多く摂取すると、消化のためにビタミンが使われてしまうので注意が必要です。食生活も、しっかり見直すようにしましょう。

外側から対策

ニキビは肌の環境によっても発生します。乾燥や汚れ、外部からの刺激などから肌を守り、ニキビができにくい肌環境を作るにはどうすればいいのか。ここでは日々のお手入れなど、体の外側からできる対策をお伝えします。

洗顔の仕方を見直す

ふと気が付いたら、顔にニキビができていた、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。ニキビが生じてしまった場合、自分の日常生活を振り返り、改善すべき点を見つけることが大切です。悩まし…

Read More

化粧水と乳液での保湿

外側からニキビ対策をする際に、化粧水と乳液を使いたい場合には、保湿力の高さにこだわって商品選びをすることがおすすめです。特に、一年を通じて肌が乾燥しやすい人であれば、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラ…

Read More

肌へのダメージの回避

ニキビは夏場は紫外線、冬になると空気の乾燥によって肌が刺激を受けることも原因のひとつです。外から受けるダメージにより肌のバリア機能が破壊されて、炎症が起きやすくなります。シーズンによって適切な対策…

Read More