洗顔の仕方を見直す

優しく洗うのがポイント!

ふと気が付いたら、顔にニキビができていた、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。ニキビが生じてしまった場合、自分の日常生活を振り返り、改善すべき点を見つけることが大切です。悩ましいニキビは、誤った洗顔の仕方が原因になっているケースがあります。汚れを綺麗に落とそうとして、顔を強くこすって洗顔をするのは避けましょう。力を入れてこすり過ぎると、肌を傷つけたり、肌にとって必要な成分まで落としてしまったりします。その結果、肌のバランスが崩れて、ニキビが生じてしまうのです。清潔感を保つためにきちんと洗顔をするという意識は大切ですが、力を入れ過ぎず、肌をいたわるように優しく洗顔をするようにして下さい。

洗顔料や石鹸は泡立てて使おう!

洗顔について、もう一点気を付けておきたいのが、洗顔料や洗顔石鹸の使い方です。肌の汚れや黒ずみを落とす成分を含む洗顔料や石鹸は、肌にとっては刺激を与えるものです。皮膚のなかでも特に繊細な顔の皮膚に、あまり泡立てていない状態の洗顔料や石鹸を付けると、肌質が悪化する原因となり、ニキビをはじめとする吹き出物が生じやすくなっていまいます。洗顔料、石鹸はふんわり泡立ててから、肌に当てるようにしましょう。

自分の手で上手に泡立てるのが難しいと感じる人には、ポンプ式の容器に入った洗顔料がおすすめです。容器から出してそのまま使えるので便利ですよ。洗顔料や石鹸の泡立て用ネットを活用するのも良いでしょう。泡立て用ネットは、基礎化粧品を扱っている店舗や、百円均一ショップなど身近なお店で購入可能です。ちょっとした工夫次第で、ニキビは予防できるものです。正しい洗顔法を身に付け、ニキビのない美しい肌を目指して下さい。