食生活を見直す

肌質改善に効果のあるビタミンB群でニキビ予防

健康維持、増進には食生活の見直しが大切と言われますが、これはニキビ対策にも当てはまります。皮脂の詰まりが原因となるニキビを予防するには、肌のターンオーバーを正常化する働きを持つビタミンB群を積極的に摂取するようにしましょう。ビタミンB群は、いくつかの種類に分かれています。マグロの赤身や玄米に含まれるビタミンB1、ウナギやサバといった魚類や乳製品に含まれるビタミンB2、鶏ささ身肉やバナナに含まれるビタミン6、と複数あるビタミンB群をバランス良く摂取して下さい。ビタミンと言うと、野菜や果物に含まれるイメージを持っている人もいるかと思いますが、ビタミンB群を豊富に含む食材には、魚や肉類が多いのが特徴です。栄養成分表を参考にしながら献立を考えましょう。

美容に欠かせないビタミンCでニキビ予防

美肌作りに生かしたい栄養素の代表格とも言えるビタミンCは、ニキビ対策をする上でも重要な栄養素です。レモンやオレンジといった柑橘類を中心とする果物、パプリカやブロッコリーなどの緑黄色野菜を上手に取り入れるようにしましょう。また、ビタミンCは、和食でよく使われる海苔やワカメといった海藻類にも含まれており、比較的多様な食材から摂取することが可能です。

ビタミンB群やビタミンCを摂取する上で覚えておきたいのが、どちらのビタミンも水溶性のため、一度に大量に摂取しても、尿や汗と共に体外に排出されてしまうという点です。ビタミンB群やビタミンCの必要量を摂取するのは決して難しいことではありませんが、まとめて摂取するのではなく、こまめに摂取するようにして下さい。不足なく摂取できるように、食事の時間帯を決めておき、規則正しく栄養バランスの取れた食事を食べると良いでしょう。